治験薬・医薬中間体・原薬

20工場反応ゾーン

製造設備

5立法メートル(単位)GL反応釜
5m3 GL反応釜

すべての反応釜でユーティリティを独立し、1m3系、3m3系、5m3系の3系統を同時に稼動することが可能です。

反応温度は-15℃から140℃の範囲で対応できます 。仕込口をブースで覆うことにより交差汚染を防止し、排気ダクトの設置で臭気のある原料(メルカプタン/硫化水素等)の扱いも可能です。

また、専用の滴下タンクを備えているため、特殊引火物である二硫化炭素を用いた反応にも対応できます。

この他、防爆対応遠心分離、ジクロロメタン等のハロゲン系溶媒の反応や濃縮も可能です。

 

計器室

ユーティリティの選択、温度調整は、すべて計器室で行うことが出来ます。さらに、各種ユーティリティやタンク液量レベルの異常など、すべての異常は計器室の操作盤上の警報で確認できます。

計器室
計器室

中間体乾燥室
中間体乾燥室

 

主要設備(反応ゾーン)
機器の種類 容量 個数 材質
反応釜 1m3 2 GL
3m3 2 GL
5m3 2 GL
3m3 1 SUS
遠心分離機 42インチ 2 SUS
箱型乾燥機 --- 2 SUS

 

↑ページのトップへ