治験薬・医薬中間体・原薬

20工場精製ゾーン

精製室

ろ過・脱水、乾燥、粉砕、充填など、最終製品(原薬)が処理される工程は、交差汚染の恐れを最小にする設計。原材料等及び従業員の動線を区別するため、各部屋にはパスボックスを備えています。

 

精製設備

精製室5立法メートル系溶解及び晶析釜
精製室5m3系溶解及び晶析釜

1m3系と5m3系の2系統を同時に独立して稼働できます。

 

ろ過室

ろ過室及び遠心分離機
ろ過室及び遠心分離機

品目の切り替え洗浄に重点を置き、フルオープン式の上排型遠心分離機 を採用しています。

 

乾燥室

コニカル乾燥機
コニカル乾燥機

1m3系は0.6m3コニカル乾燥機、5m3系は1m3コニカル乾燥機で、それぞれ真空乾燥を行います。

 

粉砕室

スパイラルジェットミルとピンミル の粉砕機により、製剤化で最も要求される、粒子径数ミクロンから数十ミクロンまでの粉砕に対応します。

スパイラルジェットミル粉砕機
スパイラルジェットミル粉砕機

ピンミル粉砕機
ピンミル粉砕機

 

主要設備
機器の種類 容量 個数 材質
反応釜 1m3 2 GL
5m3 2 GL
遠心分離機 36インチ 1 SUS
42インチ 1 SUS
コニカル乾燥機 0.6m3 1 SUS
1m3 1 SUS
スパイラルジェットミル --- 1 SUS
ピンミル --- 1 SUS

 

↑ページのトップへ